N°2 パリのスラム街/ Paris Slum

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

第2弾をどうぞ!(最終回です)

人気観光地であるモンマルトルの丘に近接しながらもパリのスラム街、無法地帯などと言われるグット・ドール界隈(goutte d’or)はガイドブックやパリ関連ブログでは近づいてはいけない地区と揶揄されている。

しかしパリの本当に面白い所というのは表向きな大通りより、奥まった裏通りや路地にある。そんな裏通りから見えてくる、人々の生活に息づいたパリ、現在進行中のパリ、そして刺激的なパリのスラム街ブログ第2弾!

第一弾はこちら👉N°1 パリのスラム街/ Paris Slum

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

The 2nd (and the last)

Bordering touristy Montmartre is the Goutte d’Or neighborhood considered rightly, or not, a slum – guide books and blogs recommend to, rightly or not, avoid this area.

But as often happens in Paris, the most interesting life happens in the small streets, deeper in from the boulevards; this is how Paris is made – local bars, restaurants – the beating heart of the city… the blog about Paris Slum N°2!

The first part is here👉 N°1 パリのスラム街/ Paris Slum

 

アフリカンスタイルシューズ African style shoes
sawashoes.com

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

カラフル&ファッショナブル

グット・ドール界隈はカラフルでポップなものがいっぱい!布屋に売っているなアフリカン風の生地、アフリカのどこかで作られていると思いきや実は殆どがオランダ製。かつて植民地大国であったオランダがインドネシアで記事づくりを学び、その後アフリカでの繊維品需要を見出してアフリカ風のモチーフで布を織り始めたら大ヒットしたんだそう。アフリカとアジアと西洋の融合、ここにあり。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

So Colorful, So Fashionable!

In the Goutte d’Or, there are lots of colorful and eye popping goods. It’s surprising that african style clothing comes via Holland! In fact, the Dutch set up a textile factory during their colonisation in africa (Guinea coast) bringing with them the machine and technic acquired from their asian colony of Indonesia! Such a dynamic and unexpected mixture of african, asian and western culture!

アフリカンカラフルテキスタイル African colorful textile

アフリカンカラフルテキスタイル African colorful textile
青いベースにコーヒーカップ柄、赤いベースに扇風機柄/// In the right picture : coffee cup motif on blue textile and electric fan motif on red.

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

アフリカ流ダンディズムスタイル

カラフルなのは布屋だけではない。アフリカ流ダンディズムスタイル、サプール(またはサップ)のメッカともいわれる店舗Sape & Co(住所 10 rue de Panama には、カラフルなスーツで着飾った男性達がおしゃれを競いあっている。店主のバシュロール氏と一緒に写真を撮ってもらいました!地味、しかし全身グレーなつまらない恰好(しかも全部APC)で行ってしまったので隣に並ぶのが恥ずかしかったです。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

African Dandy style

These exuberant, colorful textiles are not just for women to wear, they are worn by a group of men dressed in so called ‘Sape’ style, an African Dandy style. In goutte d’Or, there is a famous boutique “Sape & Co” (address 10 rue de Panama) where you will meet Mr. Bachelor. I felt badly out of place wearing dark (and sad) colors of grey (only APC) I feel ashamed next to him!

Sape & Co
店主のバシュロール氏と /// With Mr. Bachelor

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

カラフルなのはバーの内装も同じ!なんとも個性的なペイントを施したバーカウンターである。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Another colorful thing… a bar counter! Very original paint job.

カラフルなバーカウンター colorful bar in Goutte d'Or

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

スラム街の若手デザイナー

グット・ドール界隈にはアトリエ兼店舗を構える若手デザイナーが増えているそう。アフリカ風なモチーフをあしらったテキスタイルを仕様して今風にアレンジという商品が目立つ。Maison Chateau Rouge(メゾン・シャトー・ルージュは日本の百貨店にも商品を卸している注目株のブランドだ。フランス国内の百貨店にも卸しているとういが、本店で買った方が安いのでぜひ行ってみてほしい。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

young designers in Goutte d’Or

There are more and more young designers in Goutte d’Or. Most of them create wardrobes with African inspiration. Maison Chateau Rouge quickly became a famous brand, they even have a sales corner in a high end department store in Tokyo. Please go to the mother shop, people are very nice and prices are  cheaper than in a department store.

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ごみ級のものから高級ブランド品までカオス状態

私が個人的におススメしたいのはGuerrisol(ゲリソル)である。いわゆる普通の古着屋なのだが、ごみ級のものから高級ブランド品までごったな状態で展示されている。値段は鼻血が出るほど安い。形は古いがジバンシーのスーツが30€(4000円弱)で売っているし、今回私物として買った厚手のカーディガン(写真)は7€(約1000円)だった。ごっだな状態なだけに商品探しのに時間がかかるが、掘り出すかいがあるというものだ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

Caos: from the trashy to high end brand clothes

My favorite shop is Guerrisol, a second hand shop which sells everything: from the trashy to high end brand clothes, all mix up together. The price? It will knock you off your feet! It takes time to find things in the mess but is worth the payoff.

facade of guerrisol ゲリソル正面
住所 96 Boulevard Barbès, 75018 Paris
ゲリソルのバッグ bags in Guerrisol
ほぼごみの山だがバッグはすべて3€(500円) /// Trash? No! Bags (cost 3 euros)
ジバンシーのスーツ Tailored by Givenchy
ジバンシーのスーツは本物かどうかわからないけれど仕立ては良好。/// Tailored by Givenchy. True or not, the quality was good and only 30 Euros!
セーター類7€。 Sweaters and cardigans cost 7 euros.
セーター類7€。現在ゲリソルは数多くあるので店舗を巡り歩くのもおススメする。/// Selfie picture. Sweaters and cardigans cost 7 euros. There are several such boutiques in the 18th district and it is great fun to visit around.

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

グット・ドール界隈は既成概念にとらわれない。

生きるのが息苦しいと感じている方には特にお勧め!グット・ドール界隈はとにかく規格外なものが多い。劇場として建てられた建物がそのまま安靴屋として利用されていたり、空き地がいつのまにか菜園や養鶏場になっている。肉屋はただでさえ狭い路上にトラックを勝手に停めては巨大な肉の塊をそのまま搬入し交通渋滞を起こす。グラフィティーがあちらこちらにあり散歩するだけで楽しめる。一番驚いたのは公共広場に設置してある給水場が野外シャワールームになっていた事。。。(これは写真なし!)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

No Limit to the Goutte d’Or

I strongly recommend visiting Goutte d’Or for those who think life is a grind. In the Goutte d’Or, one wanders without preconceived ideas and feels free. You can see a shoe shop in a theater, chickens farmed in an empty corner lot, a large meat truck, blocking traffic, parked in the center of street, graffiti everywhere… The strongest image? A public water fountain becomes a shower room in public space! (no picture)

shoe shop in a theater 劇場を利用した靴屋
劇場を利用した靴屋 /// shoe shop in a theater
巨大な肉の塊 a large meat truck
肉屋はただでさえ狭い路上にトラックを勝手に停めては巨大な肉の塊をそのまま搬入し交通渋滞を起こす。/// a large meat truck, blocking traffic, parked in the center of street
空き地だった場所が自由気ままに養鶏場 /// chickens farmed in an empty corner lot
空き地だった場所が自由気ままに養鶏場 /// chickens farmed in an empty corner lot
 graffiti グラフィティー
グラフィティーがあちらこちらにあり散歩するだけで楽しめる。/// graffiti everywhere

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

再生を繰り返す街

もともと出稼ぎ労働者のための安ホテルと町工場が多かったグット・ドール界隈は経営難となり空き家やさら地ができていった。国際電話が高かった数年前までは格安電話センターなどがそのような空き店舗をしめており黒人客で賑わっていていたこともあるのだが、通信料価格破壊が起こってからそのような店舗は次第に少なくなっていった。空き家はまた隠れモスクとして使われていたこともあるようだが過激派が懸念されるようになってから非正式な集会場はなくなったそうだ。

再び空き家と化したスペースは現在、場所を必要とするスタートアップの新たな事業を支えている。その中でも威光を放つのはダーツ投げならぬ斧投げゲームである。斧をもってふり投げ、離れた的をめがけ斧を刺すというシンプルな遊びなのだが、こちら現在大人気で予約をとるのが結構難しい。もちろんストレス解消には最高なのだが、遊ぶ心はいつまでも大事にしたいという気持ちにしてくれる。

2015年以降のテロリズム以降、タフな時期を乗り越えてきたパリは現在ルネッサンス(再生期)を迎えている。そしてグット・ドールはその時々の社会の変化を体現する街である。今起きているグット・ドールのリアルなバイブレーションを感じてほしい!

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

A Reborn Neighborhood

The Goutte d’Or had initially many factories and cheap hotels for workers that were still visible until several years ago. Those places were taken over gradually by international téléphone storefront shops, for an African clientele, and by the religious community as secret mosques.Today, most of this too is gone: after the drop in rates of long distance communication, no one uses a telephone booth, and the mosques were closed for security reasons. Now, once again, there are many empty shops…What to do? Some entrepreneurs inspire us to have fun! Like axe throwing! No dull game of darts here. You throw your axe to hit a bullseye… couldn’t be more simple… this game has become very popular and  

today it is difficult to reserve your time slot. An enjoyable way to indulge your playful spirit.

Le Goute dOr has from the beginning been a place of perpetual immigration and change and today is in a Renaissance boom. Truly worth the time to visit because this vibrant place is one of the few authentic, living communities in the heart of Paris.

 

斧投げ axe throwing
斧投げ /// axe throwing
斧投げ  /// axe throwing
斧投げ /// axe throwing

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

終わり FIN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中