N°1 パリのスラム街/ Paris Slum

グット・ドールのウィンドウディスプレー Window display in Goutte d'or
グット・ドールのウィンドウディスプレー/// Window display in Goutte d’or

いざ、グット・ドール界隈へ

人気観光地であるモンマルトルの丘に近接しながらもパリのスラム街、無法地帯などと言われるグット・ドール界隈(goutte d’or)はガイドブックやパリ関連ブログでは近づいてはいけない地区と揶揄されている。ネガティブなイメージを決定づけるのはグット・ドールの玄関口ともいわれる、バルベル・ロシュシュアール駅(Barbès-Rochechouart)とその周辺の大通りであろう。汚い、臭い、不良のたまり場、売春が横行している、スリや暴行が絶えないとして有名で警察が道路にたむろしている若者を取り締まる風景は日常茶飯事である。

しかしパリの本当に面白い所というのは表向きな大通りより、奥まった裏通りや路地にある。そんな裏通りから見えてくる、人々の生活に息づいたパリそして現在進行中のパリは刺激的である。

グット・ドール界隈に一番詳しい日本人である私は、今回はグット・ドール界隈のいいところだけを集めてたブログを書くことにした。昼間の時間帯だったらそんなに危ないこともない。携帯をちらつかせず、大量の現金を持つのも避け、きょろきょろせず前を見て歩けば大丈夫。もし誰かが話しかけてきたら慌てず無視して早歩きで逃げよう。そして一番大事なのは、一歩踏みだす勇気だ!


Visiting the Goutte d’Or district!

Bordering touristy Montmartre is the Goutte d’Or neighborhood considered rightly, or not, a slum – guide books and blogs recommend to, rightly or not, avoid this area. The metro station Barbès-Rochechouart is gateway to the surrounding, and soulless, boulevards, leaves a distinctly bad taste: dirty, smelly – populated by pick-pockets and shifty types. It is not unusual to see a strong police presence.

But as often happens in Paris, the most interesting life happens in the small streets, deeper in from the boulevards; this is how Paris is made – local bars, restaurants – the beating heart of the city.

However I prefer to write about what is good in the Goutte d’Or because there is much to see and appreciate. In the daytime you are at much less risk if you follow this advice: don’t show your smartphone or headphones while walking in the street; look ahead to see what is going on around you;

have little cash but bring lots of curiosity.

goutte d'or map グット・ドールの地図
グット・ドールの地図 ///goutte d’or map


どこにある?

市内18区、モンマルトルの丘の東に面するエリア。南はBoulevard de la Chapelle (シャペル大通り)、西はBoulevard Barbès (バルベス大通り)、北はRue Ordener (オルドネー通り)、東はRue stephenson (ステフェンソン通り)に接している。

主要地下鉄駅はBarbès-Rochechouart (2番線・4番線 バルベス・ロシュシュアール駅)、Château Rouge(4番線 シャトー・ルージュ駅)、Marcadet-Poissonière(4番線 マルカデ・ポワソニエ駅)である。


Where exactly?

Situated in the 18th district, on the east side of Montmartre, bordered by Boulevard de la Chapelle in the south, Boulevard Barbès in the east, Rue Ordener in the north and Rue Stephenson in west. The main metro stations are: Barbès-Rochechouart (line 2&4), Marcadet-Poissonnière and Château Rouge (both line 4).

 

 

La-Goutte-d-Or
グラフィティ地図 /// graffiti map


Tout Arabe Transite Ici  = アラブ人は誰でもここ に立ち寄る

アラブ人街とも言われるこのエリアを代表する爆安百貨店TATI(タチ)はBarbès-Rochechouart (バルベス・ロシュシュアール駅)の目の前にあり、パリジャンにとってアラブ街といえばTATI、TATIといえばアラブ街といえる程である。この店舗、実は若きチュニジア移民であったJules Ouaki氏が1948年にTout Arabe Transite Ici( = アラブ人は誰でもここ に立ち寄る、の意)という文の頭文字をとって店舗名とし開業している。なんと巧妙なネーミングセンス


Tout Arabe Transite Ici  =All arabs visit here

TATI, the lowest priced department store in Paris, situated in front of the metro station Barbès-Rochechouart, is emblematic of the arab district and Parisiens say “ The Arab district is TATI and TATI is the arab district.” In fact the young Tunisien Jules Ouaki opened this store in 1948. The letters stand for: ‘Tout Arabe Transite Ici’ (all arabs visit here). What a talent for marketing and a sense of humor too!



下掲載写真はTATIオリジナルデザインのバルベストレーナー、お値段税込9,99€(約1300円)。人気ですくなくなってしまうのでいつも売り切れ状態である。隣写真は人気ブランドBijou Parisienのピガールシャツ。バルベスシャツと似ているがお値段は税込139€(約18000円)。


This ‘BARBES’ sweatshirt in the left picture is a Tati original design, costs only 9,99€ and very quickly sold out. On the right is the ‘PIGALLE’ shirt from Bijou Parisien at 139€… a neighborhood only 10 min. from Barbes and considered, ‘hipster’.



TATI
駅からみたTATI /// TATI from metro

 



安い、うまい!パリの台所

ミシュラン星付きシェフ監修サンドイッチが20€(約2700円)がまかり通るパリの中にあっても、グット・ドール界隈では3€(500円)でおいしいサンドイッチにありつける。レ・トロワ・フレール(Les trois Frères 住所14 rue Léon)は生ビールを一杯頼んだだけで北アフリカ料理のクスクスを無料配布する。2017年春にオープンしたカンチン(Cantin 住所70 Rue Myrha)はアレルギーフリー&グルテンフリー、オーガニック食品専門のカフェで、なんと平日ランチセットが7ユーロ(約1000円)。週末ブランチ食べ放題は17ユーロ(2000円強)である。カフェで出しているもののレシピは無料公開!当店舗が経営する数件先の食品販売店には自家製オーガニックキムチも売っていた!


Cheap and tasty the Goutte d’Or is the food mecca of Paris

A sandwich conceived by a Michelin chef could cost 20€ in central Paris. But in Barbès, with only 3€, one will get a great sandwich. In the restaurant “Les trois Frères” (14 rue Léon)  you can even get a couscous (traditional North African dish) for free with your beer order. Restaurant CANTINE (70 Rue Myrha), opened in early 2017, serves for lunch an organic, gluten free meal for only 7€ and brunch is 17€ on the weekends. For those with allergies the recipe ingredients can be consulted with the staff who are friendly and helpful. Next door the restaurant has opened a small food shop with quality groceries.

CANTINE
CANTINE
マフィンのレシピ chocolate chip muffin recipe
チョコレートチップ入りマフィンのレシピ。小麦粉のかわりに米粉とそば粉、バターの替りにマーガリンが使われている。/// chocolate chip muffin recipe: rice flour and soba flour take place of flour, margarine for butter.


市場は戦場なり

水曜日と土曜日に開く野外市場(8時~13時)はパリでも指折りの安市場で常に大混雑状態である。ただでさえ安いのに市場も終わりごろ(13時頃)になると半分つぶれたフルーツや野菜は2kg=1€で叩き売りされていて野菜は煮込みに、フルーツはジャムにするのにちょうどいい。品物はリズムよく支払わないと置いてきぼりをくうので大きな札よりたくさん小銭を持っていく事をお勧めしたい。

この市場の個人的おススメは揚げパンである。市場の真ん中にある北アフリカ系料理販売ブースで売っている。砂糖たっぷり&さくさくの食感は癖になる味である。


Market as Battle

Every Wednesdays and Saturdays between 8:00A.M. to 13:00P.M., lots of people come to Barbès food market, one of the cheapest of the city. At the end of the market around 13;00 P.M., cheap products become cheaper and cheaper: only 1 euro for 2 kilos of over-ripe strawberries (perfect for making homemade jam) or 1 euro for 3 kilos of vegetables (perfect for making soup). The market becomes a battle ring with yelling sellers and customers negotiating the price.

A ‘how to’: in quick rhythm pick up product, take a plastic bag, reach out as far as possible to a seller, as soon as the seller weighs in the price pay quickly! Otherwise you will never get the seller’s attention again. Please bring small change not big bills. 20 euros can buy enough groceries for several days… meat or fish included!

My personal recommendation, for a pick me up, is the fried donut available in the middle of the market, by an African caterer. Lots of sugar and very crispy texture –  with a sweet mint tea is a real drug!

地下鉄2番線の高架下に伸びる市場。バルベス・ロシュシュアール駅前。/// Market under the metro ligne nearby Barbès Rochechouart metro.
地下鉄2番線の高架下に伸びる市場。バルベス・ロシュシュアール駅前。/// Market under the metro ligne nearby Barbès Rochechouart metro.


アウトサイダーを受け入れる町

一世紀以上移民地区として認識されているこの界隈だが時代によって移民模様が違うという事実もおもしろい。

19世紀初頭はノルマンディー地方やオーヴェルニュ地方のフランス人地方出身者が仕事を求めて流入。19世紀フランスを代表する作家ゾラが小説「居酒屋」の中で描いたパリの貧しい人々の生活風景の舞台になっているのもこのエリア。ちなみに1990年代のトイレなし世帯率は40%であったらしい。

19世紀末はイタリア人、スペイン人、ポーランド人等の労働者が移民が流入。

1920年代〜アルジェリア戦争終了まではマグレブとよばれる北アフリカ出身者(特にアルジェリア人)の出稼ぎ流入。

1970年代から西アフリカ、80年代から中央アフリカ出身の移民流入。


A Neighborhood for Outsiders

Goutte d’Or has seen immigration influx for more than a century – the population makeup has always been changing.

At the beginning of XIX century, new arrivals in this area were French from others regions like Normandy or Auvergne. Emile Zola, the famous French writer, considered as spokesperson of XIX century of Paris writes about poor French people in his book ”L’Assommoir”… the protagonists lived in Goutte d’Or. Until 1940, only 40% of houses had bathrooms..

At the end of XIX century, Italiens, Spanish and Polish migrated into the area. Between 1920 and the Algerian war, Algeriens and North Africans came. From 1970, west coast Africains and, since 1980, central Africans arrived to make home.



日本語で「グット・ドール」と検索すると銀座にあるワインバーがヒットする。卑屈なものである。

本当のグット・ドールはパリの中にあってパリらしからぬ異国情緒漂う地区、40以上のコミュニティーを抱えマルティエスニックで多様な文化が融合する地区、なんと外国人率は40%を超える(パリの外国人率はもともと高く20%である)。

20歳以下の人口が20%と若く、60歳以上の人口は13% (パリ市の平均は20% )。パリの中で唯一庶民的な面影を残す地区でもあり、市内で一番地価が安いとしても有名である。唯一1平方メートルあたりの地かが6000€(80万円弱)を切るのである。これ、3km離れた一等地の地下価格の40%の値段である。


Looking online for the “Goutte d’Or”, in japanese, is amusing because only a luxury wine bar in Ginza comes up in a search (the most expensive area in Tokyo). The real Goutte d’Or is multi ethnic with more than 40 different communities of which more than 40% are foreigners (compared to a 20% average in Paris). More than 20% are under 20 years of age and less than 13% are of 60 years or more. The price of an apartment is under 6000€ /M which is less than 40% of the rate, only 3km from there.

パリの地価 land price in Paris
パリの地価 /// land price in Paris


アウトサイダーにつきもの?闇市

フランスは法律によりたばこ屋以外でたばこを買うことができない。しかしグット・ドール界隈ではたばこを低下の半分以下で買う事ができる。ドラッグも当たり前にうっている。人から盗んだのであろうiPhoneもあれば、誰が買うんだろうというゴミ同然のものも売っている。

グット・ドール界隈が闇市場として知れ渡るきっかけになった原因というのが近隣にあったたばこ倉庫らしい。戦中はナチスが所有、戦後はアメリカ人が所有していたというそのたばこ倉庫にいた関係者が横流し取引をはじめたのをきっかけに闇市が発達しさらにドラッグの闇市へつながっていたとのこと。闇市にもパリらしい歴史があった。


Black market

In france, selling cigarettes is allowed only in the ‘tabac’ shop, but in Goutte d’Or, people can buy cigarettes at half price in the street. This black market originated from a tobacco stock in a nearby building, initially overseen by the Nazis which then came under American control after the war. Some cigarettes were sold unofficially to local people and thus a black market was born. A typically Parisian story!



歴史の話はまだ続く。黄金の一滴、その由来

13世紀頃から19世紀になるまでブドウ畑であったこのエリア、当地で作られていた白ワインが黄色みを帯び黄金色のようだったからというのがLa Goutte d’Or(「黄金の一滴」の意)の命名の由来とはいわれる。しかしこの話、18世紀の作家がロマンティックだからという理由ででっち上げた嘘であるらしい。ぶどう栽培が盛んだったのは事実だけど本当のところはまだ風車小屋が何台も建っていた18世紀末、近所に建てられた酒場の店舗名が「黄金の一滴 田舎居酒屋」であったらしく、時間と共に店の名前が地域の名前へと定着していったらしい。


More History: La Goutte d’Or or literally ‘Gold Drop’

Between the XIIIth and the XIXth century this area was covered by vineyards and famous for white wine of a golden colour and so the area was called ‘gold drop’ (Goutte d’Or). Although this is the history found on the internet, it is in fact just a fantasy invented by a romantic writer of XIXth century. The area was indeed famous for wine production and there was a country bar called ‘Goutte d’Or’, the name become an identity for the entire area with time.

1750年頃のグット・ドール界隈 Goutte d’Or in 1750s
1750年頃のグット・ドール界隈。風車小屋が5つあったというが、今はもうない。/// Goutte d’Or in 1750s with 5 windmills, all disappeared today.


ワイン畑もいまや昔

とっくの昔にワイン栽培は終わってしまったが、時代替わってグット・ドール界隈を代表する飲み物となったがビール!パリにミクロ・ブラッスリービールフィーバーを起こした名店、Brasserie Goutte d’Or (ブラッスリー・グット・ドール)がある。ビールにハーブやスパイスを調合し、地域性をだしたエキゾティックなビールが看板商品である。ビールの名前は近所の道の名前をとっている。今年の新作はマスタード入りスタウト黒ビールだそうだ!


What has taken the place of wine?

The vineyards are long gone and now beer culture is hot! Brasserie Goutte d’Or is a leader of the micro-brasserie culture of Paris. Mixing herbs and spices, the taste is exotic and so local. Each beer is named after a street nearby. The new arrival 2017 is stout beer with mustard.

brasserie Goutte d'Or グット・ドール・ブラッスリー
グット・ドール・ブラッスリー内のバー ///Bar in the brasserie Goutte d’Or
Beers from brasserie Goutte d'Or グット・ドール・ブラッスリーのビール
グット・ドール・ブラッスリーのビール /// Beers from brasserie Goutte d’Or


つづく。。。

To be continued…

 

5件のコメント

      • TATI、創業者のお母様のお名前(TITA)から由来しているそうです。
        こちらを読んだ方が18区、19区あたりで上で書かれていることを口にしてしまったら、トラブルに巻き込まれることもあるかもしれません。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中