ペール・ラシェーズ墓地を歩く/ Walk in Père Lachaise cemetary

6.jpg18.jpg

1 ペール・ラシェーズ墓地の特徴

モンマルトル墓地、モンパルナス墓地と並び有名な3大墓地であるペール・ラシェーズ墓地はパリ一大きい墓地である。44ヘクタール(東京ドーム9個分)の敷地に7万基の墓石、名前が判別可能な人数だけでも25万人、合計埋葬人数は100万人を超える。有名人の墓も多く、公園としても美しい故に毎年350万人の来園者を記録する。 また一見に値する意匠の墓石も数多くあり、無料の美術館なとど形容されることもある。

丘の中腹に位置するペール・ラシェーズ墓地の立地は長所でもあり短所でもある。長所は高台から植栽豊かな景色を楽しめるということである。蛇行した道やいびつな丘、バラエティーに富んだ植物などが特徴的なのだが、実はイギリス風庭園をもとにして建設されたという裏がある。ちなみに植えられている5000本以上の木々は現在保護指定されていて伐採することができない。歩いていて木の幹に足を引っかけ転んだとしてもあしからず。

短所は歩くのが難儀であるということである。これから見学される方には墓地の上(ガンベッタ門 Gambetta)から入場し、下りながら見学することをおすすめしたい。しかし冬や雨の日は滑りやすいので下から上っていく方が安全かもしれない。

もうひとつの特徴は1962年に「歴史的および牧歌的な風景」(site historique et pittoresque)というラベルが授与され、3万3000基の墓石が歴史保護をうけることになった。つまりペール・ラシェーズ墓地の半分にあたる墓石は壊してはいけない・修理し続けて使わなければいけないというルールがある。そして19世紀の墓地の景観を壊すような新しい墓石を立てることも禁止されている。パリ市内にある墓地の中でも19世紀的雰囲気をそのまま保つ場所として楽しむことができる。


1) What is Père Lachaise Cemetary

Père Lachaise cemetary is 1 of 3 famous cemeteries in the city. The other 2 are in Montmatre and Montparnasse. On 44 hectares, Pere Lachaise is the largest inside of the city: there are about 70,000 tombs containing 100,000 corpses of which 25,000 have been identified, 350,000 visitors come every year – many famous artists are buried here – but the cemetary is also a lovely park to explore. Some describe Pere Lachaise as a free museum of beautiful tombs.

Père Lachaise is located on a steep slope and has, for the visitor, both an advantage and and inconvenience. The advantage is a beautiful view from the top. The winding paths, bumps and hills and thousands of trees are unique characteristics compared to the other cemeteries. In fact Pere Lachaise is conceived from the model of the English garden. All trees (more than 5000) are protected and cannot be cut (you may get snagged by branches which is part of the charm).  The inconvenience is walking up the steep hill. I recommend to start your visit from the top (Gambetta gate) and then descend gradually. If it’s rainng or your visit is in cold weather, better to start from the bottom because the ground can be slippery on the descent.

The other unique point of Pere Lachaise is its designation as a “site historique et pittoresque” bestowed by the Ministery of the Culture in 1962. More than 33,000 tombs are protected today, which means they cannot be disturbed or destroyed and all should be kept in good repair. Furthurmore the visual aspect of new tombs must respect the surronding harmony. Pere Lachaise is a unique place and an authentic landscape from XIXth century Paris.

ペール・ラシェーズ墓地壮観写真 / View of Père Lachaise cemetary from above


2 墓地の歴史おさらい

かつては墓地というのは各教会に付随し存在していた。フランス革命前、パリ市内の教会数は200以上を数え、ゆえに同等数の墓地が存在していたという。貴族でもなく教会人でもない一般市民(人口の95%)である場合、どのように埋葬していたかといえば、亡骸をそのまま巨大な穴に投げ込んで放置という様であった。神父にしてみたら精神は大事だけど肉体自体はどうでもいいと言い訳できたのだろうか。このように一緒くたにして穴埋め状態が何百年と続いていたのだが、18世紀末になって衛生的によくないということでパリ市内の墓地は閉鎖された。

さて、各墓地に埋葬されていた遺体は全て掘り起こされ、一カ所に集められた。現在のカタコンブ (Catacombes)である。数えられるだけでおよそ200万人分の頭蓋骨があるというが、数百年に及ぶ歴史を考えたら少ないくらいかもしれない。


2) History of the Cemetary

Before the French Revolution there were more than 200 cemeteries, in Paris, and each was attached to a church. The way to bury a corpse was very straight forward during several centuries: if you are not of aristrocracy, or clergy (the other 95%) the corpses would be buried together in common graves, one after another in a pit. For the Church a soul had value… a body was a headache.

Under Louis XVIth all cemeteries in the city were closed for hygienic reasons and corpses  were exhumed and gathered in one place: today’s catacombes (official site) with more than 2 millions skulls.

View of Pere Lachaise Cemetery from the Entrance, 1815 (colour engraving)
19世紀初頭ペール・ラシェーズ図 / View of Pere Lachaise Cemetery from the Entrance


3 まずは人気集めから

19世紀になり墓地は教会に属さない形で設置された。かくてペール・ラシェーズ墓地は1804年に創設。ナポレオン一世が皇帝になった年だ。

当時ペール・ラシェーズはパリの郊外にあった。しかし市内の中心からは4キロ程の道のり、しかも坂道で行くのが大変という理由で当初は全く人気がなかったそう。これを憂慮し普及活動にあたった墓地責任者は、アベラールとエロイーズ、モリエール、ラ・フォンテーヌなどの墓を移籍させてペール・ラシェーズ墓地の人気集めを図ったそう。おかげさまで?埋葬者数は激増したそう。


3) Gaining a Popularity

In 1804 Napoléon Bonaparte is on the throne, as emperor, for just a year. Père Lachaise was opened and managed independently from the church. Located outside of Paris, at that time, and 4 kms from the center, very few people wanted to have their tomb in Père Lachaise. The reason was to save mourners from crimbing a hill with a heavy coffin. In consequence, the cemetary owner decided to bury celebrities such as Abélard & Héroise, Molière, La Fontaine to draw potential customer’s attention. the result? Pere Lachaise become popular, very quickly.

31.jpg32.jpg



4 ロマン派音楽家達

墓地の中でもダントツに人気があるのは19世紀ロマン主義の道と形容されるエリアであろう。その目玉がショパンの墓。見学当日も世界中の人たちで賑わっていた。墓石上の横顔はショパンのデスマスクだそう。心臓だけはショパンの妹が摘出しポーランドに持って帰ったと言われている。ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの墓もショパンの墓石のすぐ右手に建立されているほか、近くには佐々木健さんという日本人ピアニストの墓も存在する。


4) Romanticism Musiciens

The most popular zone today in Pere Lachaise is called “Romanticism road”. Here Chopin lies buried and is visited by many admirers. His portrait on the tomb is his own death mask. His heart was removed and taken by his sister to be buried in Poland, his home country. You will also find Michel Petrucciani‘s tomb (jazz pianist) on the opposite side and Ken Sasaki’s tomb (japanese pianist) is nearby.

DSCF6324.jpg27.jpg



5 ペーラシェーズに墓地を持つために

そもそもショパンも佐々木さんもフランス人ではないのにどうやってペール・ラシェーズに埋葬されたのだろうか?偶然にパリで死んだザ・ドアーズのジム・モリソンも同様にここに埋葬されている。ペール・ラシェーズに墓地をもつには2つの条件をクリアする必要がある。

1) パリで生まれたか死んだかした者、またはパリに住居をもっているもの。以上に該当せずともすでに家族が墓石を保持しているものは埋葬可。

2) お金を払う事。一番ゴージャスなのは2平米の墓地永久借用権を払うこと。現在およそ1万5000ユーロ(日本円で200万円程度)となっている。ここからさらに大理石で作られた墓石を買うとなるとすごい金額になってしまうが、現在使われていない空墓石も少なくないらしく、修理するという条件と交換にほぼただのような金額で売ってくれるらしい。永久借用が高すぎるなら30年借用や50年借用というプランもござる。50年借用は日本円だと100万円を切る。ちょっと待ってください、借用権を買ったからってそれでおしまいではございません。毎年掃除費やらを払い続けなければいけません。しばらく支払いがストップしている墓石や借用権が切れた墓石は売りに出されてしまいます。中身は。。。別の郊外墓地に移されるとのこと。

最近人気なのは使われなくなった礼拝堂を小規模納骨堂として使うことである。点在する礼拝堂は墓地が管理し、その中に骨壺だけ収納してもらうプランらしい。こちら、数十個の骨壺と一緒なのでまるでシェアハウスの様相。永久借用でも3000ユーロ程度で利用できるサービスだったらしいが、人気すぎてもう場所があまっていないそうだ。現在ペール・ラシェーズ墓地は朽ち果てた礼拝堂を一生懸命改装中とのことで営業活動に念がない。一番安いプランはコロンバリアムとよばれる4階建て巨大納骨堂に30年プランでいれてもらうことだ。費用は20万円くらい。


5 How to have one’s tomb in Pere Lachaise?

Chopin and Sasaki – neither french – are buried in Pere Lachaise. Jim Morrison of The Doors died accidentaly in Paris and is also buried in the same cemetary. How it this possible?

In fact, there are 2 requirements for being accepted into the community.

1. You must be born, or have died, in Paris, or have a principal residence in Paris. If not, you have still chance if your family has already a tomb in Pere Lachaise.

2. You must pay money. The most luxurious option is to buy permanent rights for 2 square meters which costs 15,000 euros. Expect, too, an exorbitant fee for a new tomb in marbre. Today you can also buy an old empty tomb, for a lesser price, but in need of your repair. If permanent rental is too expensive, you can also rent for 50 years or 30 years. After expiration, your body will be mixed together with other corpses. Be aware that, beyond a rental fee, you will also pay a maintainence fee. If payments are stopped, you would be out of tomb, and it will be sold to a new client.

The most popular option today is to be placed in a bone urn resting beside others in a old chapel transformed into charnel; for only 3000 euros you can share the house perpetually. But this choice has become so popular there is no more space… Pere Lachaise management has set to repairing abandoned chapels as to have more availability. The most affordable choice is a bone urn set in a Columbarium (big charnel) for 30 years… for 1500 euros, only!!

1.jpg16.jpg13.jpg



6 障害孤独でパリにて他界。どうなる?

パリ郊外の共同墓地に5年間埋葬される。条例で誰でも埋葬される権利があるという項目があるからだ。5年経つと大体解体されるので、今度はそれを焼いて灰にして、そのまま風に飛ばすのだそう。ちなみに一度共同墓地に埋められてしまうと家族じゃない限り遺体の引き取りはできないので要注意。


6) If You Die Alone in Paris?

You will lie in a communal cemetary, quite far removed from the city, during 5 years; everyone has the right to be buried by law. After 5 years, your body – already in small dry pieces- would be burned with other remains and thrown to the wind.

3.jpg



7 有名人が多い

ペール•ラシェーズにおける有名人は数限りなくいます。その中でもエディット・ピアフやジョルジュ・ムスタキの墓石は今でも人気。インターネット検索したらいくらでも出てくる有名人。。。プルースト、ビゼー、マリア•カラス、モディリアーニ、オスカー•ワイルド、コロー、サラ•ベルナール、ダヴィッド、ドラクロワ、ゲリコー、アングル、ロッシーニ、バルザック、ミュセなどなど。名前はあまりしられてないけれど印象派画家のモデルとして活躍した女性たちの墓地も。


7) Celebrities

There are many celebrities in Pere Lachaise: Edith Piaff, George Moustaki are very popular among them. You will find many other by internet serch as Proust, Bizet, Maria Calas, Migdiliani, Oscar Wild, Corot, Sarah Bernard, David, Delacroix, Géricault, Ingres, Gilbert Bécaud, Rossini, Balzac, Musset etc.

If you decide to repose in Pere Lachaise there is a chance that you’ll have a famous neighbor… for it is the cemetary staff who’ll choose your final resting place.

9.jpg
エディット・ピアフ/ Edith Piaf
11.jpg
ジョルジュ・ムスタキ/ Georges Moustaki
20.jpg
シャンポリオンの墓はエジプトオベリスク風。
Champollion’s tomb (obelisque style)
23.jpg
私が好きな墓石はアンリ・コンスタン・ガブリエル・ピエルネの墓
This is my favorite -Henri Constant Gabriel Pierné-


8これから訪れる人に

開演時間は以下になります。

月曜日~金曜日08:00–18:00

土曜日08:30–18:00

日曜日09:00–18:00

見学される方はただ目的なく散歩ということでしたら1時間半、ゆっくり見て回りたいという方は3時間くらいの見学時間をもうけましょう。


8) For your visit

The opening hours:

Monday to Friday 08:00–18:00

Saturday 08:30–18:00

sunday 09:00–18:00

Please plan to spend 1:30 just for a walk. If you want to take time, at least 3 hours.



 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中