メトロの「幽霊駅」をめぐって / “Ghost stations” on the Paris Metro network

パリのメトロの特徴 / Characteristic about Métro

合計16路線、約220kmの総延長を誇るパリの地下鉄「メトロ」のネットワーク。汚い、臭い、スリが多いなどの悪評はあるけれど、一日当り500万人以上の旅客を運ぶ市民生活には欠かせない足であり、観光客にとっても最も便利な移動手段であることは間違いない。


Transporting 5 million of passengers a day, the Paris Metro is one of the busiest underground railway systems in the world. It is composed of 16 lines whose total length is about 220km.



 

幽霊駅とは / What’s Ghost station?

路線延長、乗客数など、パリを上回る規模を誇る地下鉄は世界各地に見られるが、パリにおいて顕著なのは何と言ってもその密度の濃さ。都心部だけに路線が集中しているのではなく、市内全域にまんべんなく路線が行き渡っている。駅の総数は302。平均駅間距離は570mと比較的短く、パリ市内にいる限り10分も歩けば大抵地下鉄の駅にたどり着くことができる。

これだけ沢山の駅があればその特徴も様々で、手持ち無沙汰ならば駅ごとに装飾を眺めているだけでも良い時間潰しになる。そして走行中もトンネルの暗がりに目を凝らすと、所々に存在する営業休止駅の今はもう使われていないプラットホームにお目にかかる事ができる。フランス語ではこういった営業休止駅を「stations fantômes(幽霊駅)」と称しているようだ。今日はメトロの「幽霊駅」について紹介したい。


There are in total 302 stations on the network, but beside them, there are also some “ghost stations” or “ghost platforms” which are out of service. You may recognise some of them if you gaze into the darkness of the tunnel when you travel on the Metro train.



第一の理由/ The first reason

幽霊駅が生まれた背景は様々だが、まず一般的なのは一旦開業したものの、その後営業休止となって現在に至るケース。第二次大戦初期の1939年に多くの職員が召集されたことで人員不足に陥ったメトロ当局では、利用客の少ない駅や、隣駅との距離が短い駅を中心に半数以上の駅を営業休止扱いにした。それらの多くは戦時中から戦後にかけて順次営業を再開したが、現在でも閉ざされたままの駅が幾つか残っている。


There are some reasons for the birth of such stations.

The first case is the stations which were closed during WWII and never reopened since then. In 1939, at the beginning of the War, the Metro authority decided to close more than half of the stations on the network. Most of them reopened afterward, but there are a few stations which remain closed even today.



クロワ・ルージュ駅 / Croix-Rouge station

null
6区Michel Debré広場。地面の黒い通風口の部分がかつてCroix Rouge駅出入口が存在した所。
Place Michel Debré, VI district. The black grilled air vent was the entrance of Croix Rouge station.

10号線、セーヌ左岸のMabillon駅とSèvres – Babylone駅の間に眠るCroix Rouge(クロワ・ルージュ)駅はその典型例だ。かつての出入口は撤去され、大きな通気口に姿を変えており、知識がなければここに地下鉄の駅があったことは想像不可能であろう。しかし、地下にはホームや通路などの設備が今もそのまま残っており、通過時にはその姿を車窓に確認できる。


Croix-Rouge station on the line 10 is a typical example. Its entrance was removed and replaced by an air vent. But in the tunnel, the platforms still remain, and you may notice them when you travel.

nullnull

null
落書きまみれだが、ホームも通路も現存している。
You may notice the graffiti above the platform.


サン・マルタン駅 / Saint-Martin Station

8号線と9号線の並走区間、Strasbourg – Saint-Denis駅とRépublique駅の間にも、Saint-Martin(サン・マルタン)という廃駅が眠っている。救世軍がホームレスの収容施設として用いる事もある同駅だが、構内には営業休止時の広告タイルやポスターがそのまま残されていて、半世紀以上も前のパリの空気が凝縮された空間となっている。現在はホーム自体が壁で覆われてしまっており、9号線Pont de Sevres方面行きのホームのみが車内から確認可能だ。


Another example is Saint Martin station on the lines 8 and 9.

A part of this station is now used by the Salvation Army as a homeless shelter. But on the wall of the platforms and passages, the ads posted when the station was closed are still conserved.

nullnull

null
タイル貼りの駅名表示。
station name on tiles.
null
電車のコックピット越しに望むSaint Martin駅。
Saint Martin station from the Conductor’s cabin.

nullnullnullnullnull

null
営業休止時に掲げられていた広告が残る駅構内。広告の一部はタイル製掲示されていた。
Period advertising over platform. some were paper others tiles.


これらの駅では、まれに廃ホームを利用してインスタレーションや広告ディスプレイが施される事があり、廃駅の存在を知らない乗客の目をビックリさせている。


The platforms of these stations are occasionally used for installation art or publicity events.



他にもまだまだある / And others

 

他にも5号線のArsenal(アルスナル)駅(Bastille駅〜Quai de la Rapée駅間)、8号線のChamp de Mars(シャン・ド・マルス)駅(La Motte-Picqet – Grenelle駅〜École Militaire駅間)が廃墟となった姿を暗いトンネルの中に晒している。両駅ともかつての出入口は今も残っているが、扉は固く閉ざされたままだ。


Arsenal station on the line 5 and Champ de Mars on the 8 are also the examples of such kind of stations. They conserve their entrance, but locked.



アルスナル駅 / Arsenal Station

null

シャン・ド・マルス駅 / Champ de Mars station

null

null
走行中の車内から望むChamp de Mars駅ホーム。
The platform of Champ de Mars from the tunnel.


ポルト・デ・リラ駅 / Porte des Lilas station

3号支線と11号線が接続するPorte des Lilas(ポルト・デ・リラ)駅にも幽霊ホームが存在する。1921年から1939年まで、この駅と7号支線のPré-Saint-Gervais駅間を結ぶシャトル電車が運行されていた。路線図上では繋がりのない両者だが、実はこれらを連絡するトンネルが存在しており、現在でも線路は繋がっている。

このシャトル便が使用したホームは、シャトルの廃止以降旅客サービスには使われなくなった。しかし、他駅とは違い、この廃ホームは今日でも重要な役割を担っている。映画の撮影セットである。メトロ構内での撮影依頼が寄せられると、ホームがスタジオに早変わりする。セットといえども元は本物の駅だからリアリティは抜群である。作品の例は多数あるが、例えば「アメリ」で登場するAbbesses駅ホームのシーンも当駅で撮影されたものだ。

このホームも通常は閉鎖されているが、時折展覧会のイベントスペースとして用いられることがあり、そのような機会には訪問可能となる。


Porte des Lilas station is served by the lines 3bis and 11 today, but between 1921 and 1939 there was a shuttle service connecting this station to Pré-Saint-Gervais Station on the line 7bis. (There is a connexion tunnel which is not shown on the Metro map of today.) After the service was terminated, the platforms were abandoned, but are used for  film shootings.

null
通常は閉ざされている鉄扉の向こうに幽霊ホームへの通路が延びるPorte des Lilas駅。
At Porte des Lilas station: we see the ghost station through a door which is normally closed.
null
D映画撮影用に保存されているホーム。展覧会場として用いられることも。
Platform for movie shooting. And used sometimes for exhibitions.


第二の理由/ The second reason

 

幽霊駅の二番目のケースは、駅の移転により使われなくなった古いプラットホームである。


The second case are the platforms which became disused after the construction of new ones.



ヴィクトル・ユゴー駅 / Victor Hugo station

2号線のVictor Hugo(ヴィクトル・ユゴー)駅はパリ屈指の高級住宅街16区に立地する駅だ。同駅が1900年に開業した際、ホームは急カーブ上に設けられた。その後、メトロの発展と共に列車の長編成化が必要になると、旧ホームは見通しの悪さが問題となり、1931年、隣接した直線区間に新しいホームが設けられた。使われなくなった旧ホームはそのまま残されていて、現行ホームの先端から観察できる。


When the station Victor Hugo (line 2) was inaugurated in 1900, the platforms were built on a tight curve. A few decades later, when the RATP planned to introduce longer trains, they decided to abandon these platforms for lack of visibility. Thus new platforms were built on the straight section.

The original ones were not demolished and are visible from the actual platform.

image



ポルト・ド・ヴェルサイユ駅 / Porte de Versailles station

12号線Porte de Versailles(ポルト・ド・ヴェルサイユ)駅でも、1930年の路線延長の際にホームの移設が行われた。かつてホームだった部分のトンネル内壁には現在でもタイル装飾が残されており、良く目を凝らすと駅名表示や広告枠などが確認できる。


It is a similar case for Porte de Versailles (line 12). When the line was extended in 1930, new platforms were built and replaced original ones. Unlike Victor Hugo, the old ones were destroyed, but decorative tiles still remains on the wall of the tunnel.

トンネル内に残るPorte de Versailles駅旧ホームのタイル装飾。
Decorative tiles above the old platform at Porte de Versailles.


ポルト・マイヨ駅 / Porte Maillot station

1号線Porte Maillot(ポルト・マイヨ)駅は、1900年7月14日、パリのメトロ史上最初に開業した駅の一つであるが、現行のホームはオリジナルではなく、1937年の路線延伸の際に造られたものだ。開業当時の同駅は、ループ線方式の始発駅となっていた。このループ線と旧ホームは現存しており、留置線やメトロ当局によるレセプションホールとして長年使われ続けてきたが、2011年からの1号線の無人運転化に備え、車両の検査施設に改修された。La Défense方面行き電車の先頭に陣取ってトンネルを眺めていると、一つ手前の駅Argentineを出発後、走行線路の左右に旧ホームへの分岐線が確認できる。なお、掲載したホームの写真は改修前の姿で、現在でも旧状が保たれているかは不明である。


Porte Maillot (Line 1) is one of the first stations of Paris Metro inaugurated on the 14th July 1900. But its actual platforms were not the original ones, as they were built on the occasion of the extension of the line to the west in 1937.

Originally, the station was a terminus with a loop track. The track and original platforms are conserved. They were used as a reception hall by the Metro authority for a long time, but refurbished into the service depot of trains in 2008.

Porte Maillot駅の旧ホームへの分岐線。現行のホームは中央の暗がりの更に奥にある。
the separation between old and new platforms.
メトロ当局のレセプションホールに用いられていたころのPorte Maillot駅旧ホーム。
platform of Porte Maillot used for receptions.
古いデパートの広告が残されていた。
Old advertising of the famous department store.



マルタン・ナドー駅 / Martin Nadaud station

特殊な例は、3号線のMartin Nadaud(マルタン・ナドー)駅。Père Lachaise駅とGambetta駅間に1971年まで存在した駅である。同年、3号線の支線を新設した際、分岐駅となる隣のGambetta駅ではホームの増設が行われた。新しいホームは、元々至近距離にあったMartin Nadaud駅のホームと繋がるほどの位置に造られたため、同駅は廃止となり、Gambetta駅と一体化されて現在に至っている。駅名は消失したが、駅としての機能は存続しているレアなケースである。廃ホームは、そのままGambetta駅の新設ホームとMartin Nadaud駅時代からの出入口を結ぶ通路として活用されており、他の幽霊駅とは様相が異なっている。


Martin Nadaud station (line 3) is a singular case. It was integrated into the next station Gambetta in 1971, when they constructed the line 3bis and transformed Gambetta into the junction station. At Gambetta, they built new platforms. As the two stations are separated by a close distance, the platforms they decided to merge these two stations. The name of Martin Nadaud was removed from the list of the Paris Metro stations, but it still functions as a part of Gambetta station. The old Martin Nadaud platforms were converted into passages which connect new Gambetta platforms to the former Martin Nadaud exits.

Gambetta駅3号線ホームから旧Martin Nadaud駅ホーム部分を望む。
Former Martin Nadaud station from the Gambetta platform (line 3).


ガール・デュ・ノール駅 / Gare du Nord station

他にも、Gare du Nord(ガール・デュ・ノール)駅には、かつて5号線が始発駅だった時代のホームが残っており、運転士の訓練施設として用いられている。


At Gare du Nord, the old terminus platform of line 5 still exists and was tranformed into a facility for the training of Conductors.

Gare du Nord駅のかつての5号線始発ホーム。
former terminus platform of line 5 at Gare du Nord.


第三の理由/ The third reason

 

幽霊駅三番目のケースは、建造されたにもにも関らず放っぽらかしになったままの駅である。


The third case are the stations which were built, but never opened to the public.



 

ポルト・モリトール駅 / Porte Molitor station

パリ南西16区のPorte Molitor(ポルト・モリトール)駅と、北東20区に造られたHaxo(アクソ)駅が該当する。

Porte Molitor駅は、ブローニュの森のすぐそば、サッカー球団パリ・サンジェルマンの本拠地パルク・デ・プランス競技場から至近の場所にある。1923年、競技場でのイベント開催時の旅客輸送を期して、当時の10号線終点だったPorte d’Auteuil駅の数百メートル先に建造された。しかしながら、造られたのはホームだけで、出入口は開設されないままの放置状態が今日まで続いている。現在では電車の留置線として使われているようだ。


The third case are the stations which were built, but never opened to the public.

Porte Molitor was built in 1923 on the extension from Porte d’Auteuil station on the line 10, so as to transport the public to the matches held at nearby Parc des Princes stadium. But they abondoned this project and only the platform was built. It is used as a garage for rolling stocks

ホームはあれども出口のないPorte Molitor駅ホーム
Porte Molitor platform without any exit


 

アクソ駅 / Haxo station

Haxo駅の方は、Porte des Lilas駅の話でも述べた、同駅と7号支線を結ぶ連絡トンネル上に設けられた駅だ。しかし、1921年にホームだけが造られて以来、この駅も一度も営業には用いられていない。


Haxo was built in the connexion tunnel between Porte des Lilas and the line 7bis in 1921. But, only a platform was finished but no entrance was constructed.

`



 

将来 / In the futur

 

このHaxo駅だが、ようやく駅として陽の目を見る可能性がある。2030年頃を目処に、現在の7号支線と3号支線を一本化する計画があり、既存のトンネルを再活用する公算が大きい。この場合、ルート上にある同駅は、建造から一世紀以上の時を経て、初めて旅客駅として整備されることになるだろう。また同じルート上に立地するPorte des Lilas駅の映画撮影用ホームも旅客扱いが再開されると考えられる。メトロ当局では新たな撮影用ホームを探さねばならなくなるかも知れない。


However, Haxo may serve as a station after more than a century of dereliction, as they plan to merge the lines 7bis and 3bis into one by 2030. It is probable that Haxo, which is located on this route, will be transformed into a functioning station. And in that case, the movie shooting platform of Porte des Lilas should be converted into transport service once again.



 

パリ再創 / Réinventer Paris

 

また、Croix Rouge、Saint Martin、Champ de Marsの3駅の遺構については、パリのイダルゴ市長が提唱する「Réinventer Paris(パリ再創)計画」のもと再活用することで話が進められており、目下プロジェクトの公募が行われている。

永年忘れ去られていた幽霊駅が再び脚光を浴びる日も近い。


Three stations: Croix Rouge, Saint Martin, Champ de Mars could be reconceived under the “Réinventer Paris Project” initiated by Mrs hidalgo, Mayor of Paris, the public competition is launched. We might see the ghost stations in new way.



 

10年に渡る活動 / 10 years of work

 

なお、掲載した写真は2002年頃から10年以上にわたって撮り溜めてきたものである。ホームに降り立っての写真は、メトロ愛好家の団体が年に数回開催する深夜メトロツアーが存在し、これに参加した際に撮影したものだ。終電後に車庫を出発し、途中これらの幽霊駅で下車し、始発前に別の車庫で解散するという内容の徹夜ツアーである。セキュリティの都合上、ここ数年は残念ながら電車に乗ってのツアーは開催されなくなっているが、現在でも時折廃駅を巡るウォーキングツアーが催されている。


The photographs were made, starting 2002 over 10 years, by myself. Pictures from stations were possible thanks to the Metro Lovers association who organized metro train tours: after the last scheduled train service, the tour began and stopped by ghost stations, throughout the night, until the early morning before the Metro’s reopening to the public at 05:30. Since several years, for security reasons, this train tour has not been permitted but a walking tour is sometimes organized.



 

一部の写真に映り込んでいる緑色と赤色の電車は、Sprague-Thomson形と称される1930年代に製造されたメトロの旧型車両で、文化財指定も受けている。イベントなどに応じて営業運転に入る事もしばしばあったのだが、現行の保安基準を満たさないとのことで残念ながら2010年以降は車庫に眠ったままとなっている。再整備の上での復活走行を期待したい所だ。


The green and red trains in the pictures are a former model from the 1930’s called Sprague-Thomson, now protected with a Cultural Property designation. Those trains were sometimes in service for special occasions but since 2010, have stayed parked in a garage for safety reasons. I hope the concerns will be remedied as soon as possible and we can enjoy seeing these magnificent trains again.



 

パリのメトロツアーをご希望のお客様は、ここから連絡お願いいたします。

Please contact us for our Paris Metro Tour.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中