ナポレオン1世のコンピエーニュ / Napoleon I in Compiègne

日帰り旅行へ出発 / To One Day Trip!

 

日曜日の朝、素晴らしい天気のためちょっと郊外まで。

パリ北駅から直行便電車(所要時間40分)に乗り、歩いて中世独特の木組みの家屋やゴシック様式の市庁舎を抜け(所要時間10分)コンピエーニュ宮殿へ。


On a sunny sunday morning what better than a day trip outside of Paris.
40 minutes by train from Gare du Nord and 10 minutes by foot, passing by timber framed houses and the Gothic flamboyant-style city-hall, you then arrive at Palace of Compiègne.



歴史ある場所 / History

 

フランスの歴史教科書には世紀を超えて解説されるほど歴史的に重要な場所なのだが、19世紀初頭にヨーロッパを掌握したナポレオン1世にまつわる話が興味深い。

当時の皇妃だったジョゼフィーヌとは子供に恵まれなかったナポレオンは自身の家系を継続するために離婚を決意、すぐさま新しい妃を迎えます。

第二の結婚に選んだのは血筋、ハプスブルク•ロートリンゲン家、神聖ローマ皇帝の長女マリールイーズ•ドートリッシュ。


 

Compiègne Palace, historical important site towards servals centuries, is in fact a preferred residence of Napoleon I – the great protagonist of XIX th century Europe – is rich with history.
To ensure his dynasty he divorced Josephine, with whom he had no child, and immediately remarried. His second wife was Marie Louise d’Autriche, the oldest daughter of the Emperor of the Roman Empire, from the Habsbourg family – very good blood indeed.


ナポレオンは学生時代に勉強ができず、本だけが友達だったという小孤独な青年期を過ごしました。皇帝になってからも王家出身ではないことがコンプレックスで、形式や血筋をとても気にしていたとのこと。
マリー•アントワネットとルイ16世が初めて謁見した場所であるコンピエーニュという場所を血筋のよいマリー・ルイーズとの初顔合わせに選んだという点から彼の神経質な性格がうかがえます。


 

Napoleon had a difficult childhood and was not good at school; his only friends were books. He was always concerned about his appearance and felt inferior, not being of royal blood. He decided to welcome Marie Louise in the palace of Compiègne because Louis the XVI and Marie Antoinette met there for the first time… in doing so Napoleon could project himself as grand as the royal family.



 

結婚初夜 / The first night

代理結婚を済ませ、15日間かけてウィーンから嫁入りに向かうマリー・ルイーズを待ちきれず毎日数回の手紙を送り続けたナポレオン。到着間際になると大雨にも拘わらず自分から迎えにいく始末。人里離れた山奥で、風変わりでドラマチックな初対面を果たしたそうです。

そのまま一緒にコンピエーニュ宮殿までいき、夜9時半ごろに到着。さっそく夫婦はじめての夕食をとったそうですが、そのダイニングルームがこちら。


 

A proxy marriage was arranged, at distance, and during the 15 day voyage of the bride to Compiègne (she was in  Vienna), Napoleon wrote to her several times a day – the couple had not yet met! Just before her arrival, under pouring rain, he rushed ahead by horse, to meet her 60km from the palace. A dramatic first encounter for the married couple.
The same night they had their first dinner together in the dinning room that you can see below.


 

その日のうちに 4ナポレオンの歳の半分にもならない18歳の少女とベッドを共にしました。
形式的にはまだ初夜をともにしてはいけなかったのに。。。


 

That same night, Napoleon and his 18 year old bride – half his age – shared the same bed agaist all custom.



IMG_1269

ギロチンにかけられたマリーアントワネットを大叔母にもつマリー・ルイーズにとって、ナポレオンはフランス革命を推進した、いわば大敵です。ナポレオンは恐ろしい憎むべき男だと教えられ、「ナポレオン」と名を付けた人形をいじめながら育ってきた過去を持ちます。かつ母国オーストリアの存続さえ危機にさらしている現況とあれば余計嫌み嫌うのは当然のことでしょう。


For Marie Louise whose great aunt, Marie Antoinette, perished by guillotine, Napoleon, a figure of the  French Revolution was an enemy. As a child she played with a Napolean doll that she liked to torment. Her anger was justified as Napoleon wanted to dominate her country.


しかし初夜の相性が抜群だったために、ナポレオンに恋してしまったのだそうです!


But her first experience with Napoleon, that night in bed, was so exhilarating that she fell in love with him!



cbeccad30b957796b0d9dd2e97d66272.jpg

1810年2週間以上続いた結婚式はそれは豪華だったそうで、71つの宝石をプレゼントとして授かりました。2人の結婚式からパリは6月までずっとお祭り騒ぎ。

とても幸せな結婚生活でナポレオンは仕事に手がつけられないほどだったそう。

若く恥ずかしがりだった皇后を喜ばすため、そしてヨーロッパ中を感嘆させるためコンピエーニュ宮殿はとても華やかに改装され、当時の最高級家具名士であったJacob-Desmalterの家具などがおかれました。


 

During 2 weeks of may, in 1810, their marriage celebrations took place in Paris. Marie Louise received 71 pièces of jewellery as a gift. Paris was festive until june.

Napoleon was so in love that it was difficult for him to concentrate on the affairs of state.
To please the young and shy Empress, and dazzle all of Europe, Compiègne was luxuriously decorated, notably by Jacob Desmalter‘s furniture.



またマリー・ルイーズにとって宮殿内に飾る絵画はルーブル美術館から所持品であるかのように選び放題だったとか。そのルーブル美術館にある作品の一部はナポレオンが各国からはく奪してきた品々です。


Marie Louise could even choose paintings from Louvre museum as if the collection was her very own. Pieces, in fact, that Napoleon had confiscated from around Europe.



絵を描くのが好きだったマリールイーズのためにデッサン用テーブル、ゴールドブロンズで飾られたイーゼルなどが新調されましたが、これらは皇后を退屈させないための道具たちでもあったそう。

 

とても嫉妬深かったナポレオンはマリー•ルイーズを一人にさせておくためにコンピエーニュを選んだという話も。最初の皇后ジョセフィーヌはナポレオンが遠方に出向いている間の裏切り(浮気)を一生忘れなかったからなのでしょうか。


Her favorite hobby was painting. To this end a special drawing table and easel, decorated with guilt bronze, was made. Those objects were meant to pre-occupy – she lived in a guilded cage; Napleon was very jealous and wanted her to be alone in the palace while he was far away. Josephine, his first wife, had an affair during one of the far-flung military compaigns and he never forgot the betrayal.

 



お城の見学後は / After Visiting

 

宮殿庭園内のjardin des roses(ジャルダン•デ•ローズ)という名前のティーサロン。
This is a tea salon called “jardin des roses
 IMG_1307

 

蚤の市などで集めたというお皿やティーカップは一つずつ個性があります。
All plates and cups are mismatched and from the flea market.

ローズマフィンは最高においしい!
The rose mufin is outstanding!


4月現在はチューリップが満開でした。バラの咲く時期にまたお茶したいです。


Mid april was brimming with tulips. I’d like to come back in June for the roses.

 



 

コンピエーニュ宮殿のウェブページ/ Compiègne palace’s webpage

 


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中