今日の美術館 プティ•パレ / Today’s museum Petit Palais

パリ市内には130にもおよぶ美術館があります。週に2回平均で制覇していこうとしたら1年と3か月くらいかかる計算になります。今回はそんなに遠くない昔に改装が終わった美術館、プティ•パレへ!!

It would take a year and three months to visit all the museums in Paris… taking in 2 a week.
I decided to visit the Petit Palais which had been renovated not too long ago. 



シャンゼリゼ通りセーヌ川に挟まれ、とても大きな美術館ではありますが名前はプティ•パレ(小宮殿)。向かいにはさらに大きな美術館、グラン•パレ(大宮殿)があるからでしょうか。
プティ・パレには古代から20世紀までの幅広いコレクションが展示されていますが、アングルドラクロワクールベコローゴーギャンドレドゥ・シャヴァンヌなどなど注目株なのは19世紀&20世紀のコレクションです。オルセー美術館にいるかのような気持ちになりますが、鑑賞者は少ないのでゆっくり回れます。
ちなみに私立美術館なので入場料はただです。
Located between Avenue des Champs-Elysées and the Seine River, the museum is quite big but named Petit Palais (Small Palace) because across the street is another, and larger, museum named Grand Palais (Big Palace).
The collection of Petit Palais ranges wide, from Antiquity to the beginning of 20th century- but the forte is the 19th and 20th century art: IngresDelacroixCourbetCorotGauguinDoré and De Chavannes. Surrounded by these works, you can feel as though you are in Orsay museum but the viewing is more relaxed because of fewer people. Plus there is no entrance fee as this is a Paris city museum.

 

レ・アール」(レオン・レルミット作)は人々が出会い、会話を交わす生き生きとした表情を描いた躍動的な絵画です。画家は19世紀末にクールベから始まる自然主義の流れをくむ巨匠ですが、野外で働く農民や労働者をありのままに描くことを好みました。絵画上でも労働者の象徴である青いブルゾンが目立ちますね。

今は巨大モールとしてにぎわうパリの中心地レ・アールですが、12世紀から1970まで中央市場として食品が集まり、人でごったがえしているのが日常風景でした。当時の風景を物語る資料としても貴重です。
This scene of Les Halles, the old Paris market, is vivid with activity – figures talking and mixing everywhere. The artist, Léon Lhermitte, who was a master of Naturalism, loved painting open air scenes of labourers and farmers just as they looked. As you can see the worker’s classic bleu blousons stand out.

Les Halles today is a large shopping mall in the center of the city, but this area was a central food market until 1970 having existed since…  the 12th century. This picture is an important testament of disappeared Paris.

 

 

1900年のパリ万博博覧会をきっかけに建設された美術館ですが、アール•ヌーボー様式が流行っていたのも同じ時期。ちなみにパリのメトロ入り口を装飾するゲートも同年に設置されました。アールヌーボースタイルの設立者であり、建築家、デザイナーだったヘクトル•ギマールはパリ市内に14件のアパートを設計しましたが、その内装がどのようなものであったかを見学することが可能です。

Petit Palais was built in 1900 for the occasion of the Universal Exposition. Art Nouveau style was very fashionable at that time; the iconic Paris metro entrances also date from that same year. Guimard, designer and architect, the best known Art Nouveau creator made 14 different apartment buildings and their interiors, in Paris, some examples of which are on view in the museum.

この絵画は作者不明です!
The painter of this work is unknown!
A strange sculpture, so grotesque!
ちょっとグロテスクな彫刻も!

This museum is a pure delight… don’t miss the lovely interior courtyard garden where you can dream with a café.

中庭でゆっくりカフェしながらくつろぐのもおすすめです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中