ヴェルサイユ、王様の畑 / The Louis XIV farm, Versailles

9245d-6

フランス王室の胃袋 / Purveyor to the Royal Household

世界中の観光客でにぎわうヴェルサイユ宮殿、そこから5分ほど歩いただけで雰囲気は地元の家族連れが集いくつろぐようなゆったりとした感じに変化します。
でもヴェルサイユ市には歴史深い場所がいっぱい、フランス王室の胃袋を支え続けた王室御用達の、しかも現在まで続く畑が存在します。


Only a 5 minute walk from Versailles Palace, thrumming with tourists from the world over, the atmosphere becomes quickly relaxed, quiet with local people, mainly families strolling idly. The city of Versailles is full of historical sites such as king Louis XIV’s farm which served for several centuries as Purveyor to the Royal Household. Amazingly it is still a functioning farm today.



e9136-7

王様の畑の園長  / Director of the King’s garden

1678年、若手弁護士でもあったジャン-バティスト•ド•キンチニーは植物栽培に傾向するあまり、ルイ14世から直々に王様の畑の園長に選ばれることになります。
今日、450種のフルーツと400種の野菜が栽培され毎年50トンの収穫を誇る畑ではありますが、キンチニーの設計センスによって作られた畑はフランス式庭園の傑作といっても過言ではないアート作品でもあるのです。
噴水(給水源)を中心にして、四角く区切られた16個の畑が敷き詰められています。その外側にはさらに区切られた畑が続き、上からみたらまるで幾何学模様のようです。確かにベルサイユのような彫刻的•装飾的なお庭ではありませんが、育てている人の愛情が感じられる、植物が生きている畑です。


In 1678 a young lawyer called Jean Baptiste de Quintinie, an ardent practitioner of plant cultivation, was choosen by Louis XIV as director of the King’s garden and provide for his table.
Today, 450 varieties of fruit and 400 varieties of vegetables make for a harvest of 50 tonnes every year. Quintinie, polyvalent of character, conceived this farm as a masterpiece of landscaping.
From the center point, with a fontain which provides water for plants, 16 squared garden plots are laid edge to edge. This geometrical arrangement is a signature of the French garden. Indeed it may not be as spectacular as the Versailles garden, replete with sculptures and decorative ornaments, but it is very charming, is on a human scale, full of love for flowering plants!



edbe1-img_41792b252812529

現在の姿 / Today 

散策していると普通の市場ではお目にかかることのない種類の野菜も多くみられます。それもそのはず、稀になった植物を守り続け、そして後世の人々に伝えていくのも現在の王の畑にとっての大事なお仕事なのです。働いている庭師のエマニュエルさんは昔から受け継がれた庭師の剪定技術を守り続けていました。


You will find exceptional fruit and vegetables that you rarely see in a normal market. Actually, today’s King’s garden plays an important role in keeping heirloom plantes growing for futur generations. Emmanuel, a gardener, continues to use ancient pruning techniques, an ingenious invention from French gardening history.



 

5f6fb-13

畑のところどころには小屋が点在し、中には栽培に必要な道具などが。


In this shed I could sense a magical communion between man and nature.



購入可能 / Opened to the public

09705-img_4191

1926年に歴史保護地区に認定され、1991年に一般公開された王の畑。愛情込めて育てられた野菜を直売店で購入も可能!


In 1926 the farm was designated a historical monument and, later in 1991, was opened to the public. You can even buy fruit and vegetables from this stand.


元気にすくすくと育つフルーツや野菜を目にすると、やっと夏らしくなってきたと感じられる今日です。


Resplendant sunshine above the garden.



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中