5月のシュノンソー城 / Chenonceau castle in may

春うららかなシュノンソー城を見学。
ロワール地方は平で緑豊かな情景が続き、車を走らせてロワール側沿いをドライブするだけでも足を運ぶ価値はありますが、やはりには中世&ルネッサンス時代のお城を見学したいところ。シノン、ブールグイユ、ソミュールなどのワインの蔵どころとしても有名です。

Today, I’d like to talk about a visit to Chenonceau castle.
Situated in the Loire region, an hour to the south-west of Paris – in an area rich with foliage on gentle, flat land. A very pleasant place to take a bike ride or drive by car along the Loire river. It could be even better to visit Medieval and Renaissance Castles nearby! The region is also famous for wine such as Chinon, Bourgueil and Saumur.

シュノンソー城は何世紀にもわたって女帝が座をなしたお城として有名です。
その中でも代表的なのがディアン•ド•ポワティエでしょう。

その当時一番美しいとされた女性で、フランス王フランソワ一世から寵愛された後、19歳年上の差にもかかわらずフランソワ一世の息子アンリ二世にも寵愛されました。

ディアンは当時の女性としてはめずらしく、スポーツに熱中し、またお風呂好きだったそうで年齢を忘れさせるほどの若々しさを保っていました。

熱心に愛し続けたアンリ二世はディアンの胸のふくらみの型をとってワイングラスを作らせたほど。

Among those castles, Chenonceau is famous as being “designated to women”, notably Diane de Poitier and Catherine de Medicis. Diane was the most beautiful woman of her time and was loved by both king Francois I and his son, the future king Henri II (despite her age of 19 years more than the latter).

Diane had very uncommon practices for a women of that time: hunting, doing sports and taking baths all of which kept her looking very young. Ironically, her pursuit of youthfulness, led to her death by poisoning… from drinking gold!

Henri II was so in love with Diane that he had a wine glass moulded in the form of her breast.

 

ディアンの美貌を求めイタリア•フランスから集められた選りすぐりのルネッサンスのアーティストたちはディアンを彫刻や絵画のモチーフとしました。

フランス様式のお庭に大理石の彫刻が置かれているイメージはみなさんもっていると思うのですが、一番最初にお庭に置かれた大理石の彫刻というのはディアンがモデルなんです。

アンリ二世の奥さんとなるイタリアの資産家の娘キャテリーヌ•ド•メディティスを推薦したのもディアンです。

Many Renaissance artists from Italy and France came to study her as a model for painting and sculpture. As you may know, the french geometric garden with white marble sculptures presenting a perfect young figure is very common here. This style originated from the renaissance garden of Anet Castel with a sculpture representing Diane’s figure.

It was also Diane who recommended that Catherine de Medicis, daughter of very wealthy Italien family, become the future wife to her lover Henri II.

 

キャテリーヌは幼いころから政治家としての素質を育てていましたが、美しさはいまいちだったそう。。。アンリ二世と結婚してから10年以上子供に恵まれず王室を揺るがるほどでした。

Catherine, a very talented political woman, was not beautiful… furthermore Catherine and Henri didn’t have a child for almost the first 10 years of marriage and so the royal family felt in danger for the lack of an heir.

キャテリーヌはアンリ二世の愛人の一人、フィリッパに対して王が死んだ後でも側室として大事にしてあげたのに、ディアンに大しては冷たくあしらい王からのプレゼントをとりあげたあげく追放してしまったのです。

Even after the king’s death, Catherine remained close to another of her husband’s lovers, Philippa, but on the contrary, she was not kind with Diane, revoking the king’s presents and banishing her.

シュノンソーも王からディアンへのプレゼントのひとつ。ティントレットやグジョンなどのルネッサンス期の代表的なアーティストの作品を掲げ、すばらしいタペストリーや天井装飾を豪華にあしらったお城です。当時の美に対する感性が感じられます。

Chenonceau Castle, Diane’s lost home, was the most spectacular of the king’s presents, decorated by masterpieces from Tintoletto, Jean Goujon as well as having beautiful tapestries hung on the walls.

 

とくに5月以降は藤、牡丹、菖蒲、薔薇が開花する季節。パリから日帰りでもいけるので是非。

In May, the Chenonceau gardens are full of blooming flowers, and it is lovely to come from Paris for a day trip.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中